2013年01月13日

入社後どんなことをするのか気になるー!!

入社してから、実際にどんなことをするのか気になりませんか?

私も自分がどんな環境でどんな人たちと関り、

どんな仕事をしていくのか…とーっても気になっていました。

 

入社1年目内山です!!こんにちは!

本日は、昨日に引き続き、土木部飯田に聞いた、

普段の仕事、そして仕事のスタンスをご紹介いたします!

 

 ↓↓↓↓↓

 

 

土木の仕事について        
土木の現場って、スケールが大きいですよね。

今、携わっている現場も、圃場整備といって昔の田んぼを

使いやすい農作業効率の良い田んぼに作り変えているのですが、

 

その広さなんと東京ドーム6個分。       

その広大なフィールドの中で、作っているものはミリ単位。

 

土木って豪快に大きな重機でやっているように見えて、

実は細かい精度で作ってるんです。        
     

   
土木現場の仕事、現場管理と一言で言っても

品質管理、出来形管理、工程管理、原価管理等々様々な管理があります。

 

簡単に言うと、お客様の求めている、それ以上の「モノ」=ハードを提供し、        
ソフト面では、気持ちの良い挨拶に始まり、礼儀をつくして、

工事完成後もずっと思い出になるような現場をつくる事だと思います。

 

        
現場は決して一人ではできません。

様々な協力を得て、チームプレイで進めていく中で、

仲間やお客様、それに携わる人の喜ぶ顔を見たときに、

一番のやりがいを感じるのではないでしょうか。

 

決して楽しいことばかりではなく、むしろ自然を相手に現場が変われば条件も変わり、

うまくいかない事の方が多いかもしれません。

でも、そのひとつひとつが、自分の、会社の宝物です。        

 

 

参考になりましたでしょうか?

今後もたまに先輩社員にインタビューした内容をご紹介していきますね。
posted by KUBIKI at 10:00| Comment(0) | 社員の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。