2008年05月31日

報告です!

採用担当のこみやです。



更新が遅くなってしまいました。。。



5月25日に会社説明会を開催いたしました!



ちょっぴりウラ話ですが、実はこの会社説明会、会場の手配からなにから全部自分でやったのが初めてだったんです



成功も失敗もおまえたちにかかっている。





そう上司から言われた私は、学生さんがどうやったら来てくれるだろうか、満足していただけるだろうか、本当に考えました。



会社説明会前の1週間は正直眠れないくらいプレッシャーを感じていました。

(前日はほとんどねむれませんでした)





本番もいろいろあったけれども「ありがとうございました!」と言って帰っていく学生さんを見て、本当にうれしかったです。





自分で責任をもって取り組んだからこそ味わえた達成感でした。



帰りの車中、大イベントを終えた安堵と、当日の不備をカバーしてくれた周りの人たちへの感謝が一気に出てきて、ついつい涙してしまいました。。。





仕事というのは与えられるものではなく、つくっていくもの。





2年目になって初めてこの言葉の意味に気づき、また体感できたと思います。



最後になりましたが、来てくださった皆さん、本当にありがとうございます!



いよいよ明日は一次選考会!また皆さんとお会いできるのを楽しみにしてます
















posted by KUBIKI at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社説明会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

お待ちしておりますっ!!

ご無沙汰してしまいました。



こみや再び登場します





本日は五月晴れでとても気持ちのよい1日でした





そんな中、社内でコソコソ私が行っていたコトとは…







新入社員向けのテストを作っておりました







やはりKUBIKIの社員である以上、お客様に対応できる知識を持っていないといけませんよね。





そこで、今度の金曜に商品知識テスト・及び当社の営業マニュアルテストを実施することになったのです





そこで私は商品知識テストを作る係になったのですが…





いやいや、私自身にとって、とても勉強になりました





いつどこでお客様にお話する機会があらわれるかわかりません。



やっぱり最小限の知識は勉強しておくべきですね。





でも、勉強してみると楽しいんですよ





このキッチンにはこんな特性があって。とか、ここが他社とは違うとか。



お客様と接したときにかっこよく説明できるようになりたいなぁとさらに思いました。





なので、これからもっと勉強して、営業もできる採用担当者になります


posted by KUBIKI at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 合同会社説明会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

一流の方々との交流

今日は小宮に代わり、アクト青山スタジオの高野が投稿します

5
13日(火)の出来事を少しご紹介します!
社会人になると、やっぱり夜は社内・社外の人とお酒を交えながらコミュニケーションをとる機会もありますよね。先日、私たちは社長と共に繰り出して参りました気付いたら外がうっすら明るくなるまで…かなりの盛り上がりです

実はこの日、世界的な指揮者:小澤征爾さんの指揮による新日本フィルハーモニー交響楽団が、新潟で演奏会を行っていたのです。その演奏会の後、その新日本フィルのメンバーの方々とご一緒させていただいたんですそのメンバーの方、実は当社の社長のお友達でもあり、当社が主催するコンサートにもご出演いただいています。そんな関係もあって、こんな機会を持たせていただく事が出来たんです。途中、バイオリンの演奏を披露してくださるシーンも。お店には勿論、他のお客さんがたくさん居たのですが、皆さん驚きつつも一瞬にして変わるその空気に、私たちも周りのお客さんも酔いしれてしまったのです
↑某カラオケスナックにて      ↑世之介さんと青山スタジオにて

また、実はその直前まで落語家の金原亭世之介さんともご一緒させていただいて(右の写真)…と、とっても盛りだくさん貴重な一日を過ごさせていただきました。
こんな事が起こってしまうKUBIKIって、すごい会社だなーと、改めて思うのでした。

でも、考えてみるとすごいですよね。プロフェッショナルの方が、そのような場で演奏してくださる。普通だったらなかなか出来ないと思います。演奏のことだけでなく、お話していてもそうなんです。ついさっきまであの小澤征爾さんとステージに立っていた方とは思えないほど、“普通の”方なんです。そんな風に、普通に素敵な方でいられるのは、いつも相手のことを思う心配り、謙虚さ、礼儀正さ、自分ではなく常に相手、という人間としての大きさ…それが本当の“一流”ではないでしょうか。


ふと我が身を振り返ってみると…恥ずかしながら、小さなことに拘ってしまったり、つまらないプライドを持っていたり。そうすると、自己中心的になって相手に対する礼儀を欠いてしまうことも多い。全然まだまだですよね。単に有名人と会う等ということではなく、そういう、一流の方の人間としての大きさを感じる、故に一流、ということを知りました。本当に勉強になります!

posted by KUBIKI at 12:00| Comment(3) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする